基本的に、カードローンの借入限度額は、「年収の3分の1~半分」くらいまでと言われています。はじめての借入で、「年収の半分以上」を借入をするのは難しいと思われますが、返済実績を重ねれば、この金額以上の融資が受けられるケースもあります。

利用者の個人情報、勤続年数、雇用形態、他社の借入などを踏まえて判断されるので、審査を受けてみないことには、正確な借入限度額を算出するのは難しいと言えるでしょう。

また、住宅ローンや、車のローン、教育ローンなどがある場合は、それらも考慮した上で算出されるので、一概に「3分の1~半分まで」借入できるとは限りません。

利用者への貸付範囲は、「おおよそ年収の半分まで」となりますが、その他の信用情報も踏まえて限度額が決まります。

消費者金融業者と銀行カードローンの限度額の違い

消費者金融業者と銀行カードローンは、貸付に関する法律が異なるので、限度額の範囲にも違いがあります。

総量規制の対象になる消費者金融業者では、年収の3分の1を超える借入がおこなえないので、借入限度額は、「年収の3分の1まで」となります。

銀行カードローンは、総量規制の対象から外れるので、「年収の3分の1を超える」借入も可能です。そのため、年収の3分の1以上借入したい場合は、銀行カードローンを利用すると良いでしょう。

総量規制オーバーを借入するなら銀行カードローンへ?

銀行カードローンは、年収の3分の1を超える金額の借入が可能です。できる限り大きな金額が借入したい場合は、銀行カードローンを利用しましょう。

ただし、借入できるかは審査次第となります。たとえば、限度額350万円の借入がしたい場合でも、審査により「200万円までなら可」と判断された場合は、当然ながら希望額の借入はおこなえません。

他社の金融機関で、追加で借入できる場合もありますが、こちらも審査次第となります。

審査を受けてみないことには、個々の借入限度額は不明確なので、まずは気になった銀行カードローンで申込をしてみることをおすすめします。

2017年までは上記のように総量規制オーバーの借り入れは銀行カードローンがおすすめでしたが、10月19日に大手3大メガバンクがカードローンの貸付上限を導入しました。

それによって、銀行カードローンでの総量規制オーバーの利用は難しくなってしまったのが現状です。

総量規制を超えたキャッシングは、消費者金融の証書貸付による例外融資をりようするのがよいでしょう。

限度額はおおかた年収により決まる

信用情報に問題がないことが前提ですが、限度額はおおかた年収により判断されます。

年収が高ければ高いほど、高額融資が受けられますし、年収が低いかたは、借入範囲が限られます。アルバイト収入のかたでも、200万円までの借入に成功しているかたは多くいます。現に私の知人も、パチンコ屋さんのアルバイトをしていましたが、4社から200万円の融資を受けていました。

あくまで私見ですが、比較的、200万円までの借入をおこなっているかたは多いように思われます。しかし、この金額を超える借入は、難易度がかなり高くなるので、年収が重要になります。

限度額は、多く推算しても「年収の半分まで」となるので、250万円の借入をおこなう場合は、最低でも500万円は年収が必要になるでしょう。

年間のローンの支払額は50%まで

借入に加えて、住宅ローンや、教育ローン、マイカーローンなどがある場合は、限度額の範囲が変わってくるかもしれません。

ローンの年間の支払額が「年収の50%を超える」と、限度額が減らされる可能性があります。これらの情報を踏まえた上で、限度額が算出されます。

たとえば、住宅ローンの年間支払額が「月々7万円(96万円)+ボーナス払い(20万円)=116万円」あるかたで、年収が600万円の場合にカードローンを利用すると、下記のように限度額が算出されます。

  • 600万円×50%=300万円
  • 300万円(年収の50%)-116万円(住宅ローンの年間の支払額)=184万円(限度額)

このかたが、カードローンを利用した場合、極度額(借入枠)は「184万円まで」となるでしょう。この仮に算出された限度額に踏まえて、信用情報や、勤続年数、雇用形態などが考慮されて極度額が確定します。

カードローンの限度額の引き上げは可能?

限度額

カードローン契約後に、限度額を引き上げることも可能です。ただし、6ヶ月以上の返済実績が必要になります。

カードローンの借入額は、あらゆるものを総合的に判断しておこなわれます。そのひとつに、与信(信用)があります。

この与信に関しては、数ヶ月の利用実績(返済実績)がないと、正確な判断がおこなえません。

たとえば、利用して1週間しか経過していないかたは、信用できるかの判断ができませんが、利用してから1年以上経過して、なおかつしっかりと毎月返済をおこなっていれば、貸し手は追加で融資をおこなっても、再度、継続的に返済してくれるだろう思います。

当然ながら銀行や、消費者金融などの金融機関は、貸付により発生する利息で、利益を得ているわけですから、さらに利益が見込めるようであれば、追加で融資が受けられます。

与信を判断する目安が、「6ヶ月」になるので、利用してからこのくらいの期間が経過すれば、限度額の引き上げも可能だと言えるでしょう。

反対に、信用を裏切るような返済履歴(年収の減額・滞納)がみられた場合は、限度額が引き下げられることもあるので注意しましょう。返済は、滞納をしないように気をつけましょう。