総量規制以上の借り入れができる銀行カードローンなら、専業主婦の方でも融資が受けられます。

反対に、総量規制の対象となる貸金業者(消費者金融)では、専業主婦の方への貸付をおこなっていません。これらには、すべて総量規制が関係してきます。

なぜ総量規制対象外の銀行カードローンなら専業主婦でも借り入れできるの?

銀行カードローンは、総量規制の対象から外れるため、専業主婦の方でも年収3分の1以上の借り入れが可能となります。

収入0円の主婦の場合でも、「年収の3分の1以上=年収0円以上」の借り入れが可能だからです。銀行カードローンは、「0円以上の借入」ができるため、専業主婦の方でも融資が受けられます。

その一方で消費者金融業者は、総量規制の対象となるので、年収の3分の1までとなります。同じように表すと、「年収の3分の1まで=年収0円まで」になります。「0円」を超える融資は受けられないので、専業主婦は消費者金融でキャッシングがおこなえません。

「それなら、無収入の人でも銀行カードローンなら借入できるのか?」と思うかもしれませんが、これは間違いです。

これには、配偶者(夫)の収入が関係してきます。

配偶者に収入があれば専業主婦でもOK

配偶者にしっかりと収入があれば、専業主婦の方に貸付をおこなっても、「返済できるだろう」と判断されるので融資が受けられます。

配偶者にも収入がない専業主婦は、収入源が一切ないので、貸付をおこなっても「返済できる見込みがない」と判断されて融資が受けられません。この場合は、無職者と同じ扱いになります。

カードローン会社は、貸付の際に発生する「利息」で収益を出しています。ボランティアでお金を貸してくれるわけではありません。当然ながら貸付をおこなっても、返済できる見込みがない方は、収益が期待できないためお金が借りられません。

総量規制対象外の銀行カードローンで、配偶者に安定した収入があるなら、専業主婦の方でも融資が受けられるのが正解です。

銀行カードローンの中には、専業主婦への貸付をおこなっていない場合もあります。申込前に必ず確認しましょう。

専業主婦でも借入ができる銀行カードローン

下記の銀行カードローンであれば、専業主婦の方でも利用可能です。

専業主婦の場合、利用範囲が「10~50万円」と限られているケースが多いので、その点も一緒に把握しておくと良いでしょう。

専業主婦でも利用できる銀行カードローン

金融機関名 専業主婦への貸付限度額
新生銀行レイク 50万円
楽天銀行スーパーローン 50万円
イオン銀行カードローンBIG 50万円
ソニー銀行カードローン 50万円
みずほ銀行カードローン 30万円
三菱UFJ銀行カードローン 30万円
横浜銀行カードローン 審査により利用限度額が決まる
三井住友銀行カードローン 審査により利用限度額が決まる

とくに専業主婦人気No1の「みずほ銀行カードローン」、即日融資に向いている「新生銀行レイク」はおすすめです。

みずほ銀行カードローンは、非常に低金利で融資が受けらることから人気があり、レイクは21時までの契約完了で当日中の融資が可能なのが人気です。

目的や条件に合った融資先を選択すると良いでしょう。

専業主婦の人が利用できない銀行カードローン

  • オリックス銀行カードローン
  • りそな銀行カードローン

上記の銀行カードローンは、専業主婦の方への貸付けをおこなっていません。申込の際に注意しましょう。

専業主婦で借りれる金融会社が減っている!?

2018年1月、銀行の過剰融資防止により、多くのカードローンが専業主婦への貸付けを停止しました。

以前まで融資可能だったみずほ銀行などのメガバンクは、専業主婦への貸付けを取りやめてしまっています。

上述で紹介している金融機関のうち、新生銀行レイク・みずほ銀行・三菱UFJ銀行・三井住友銀行などが既に専業主婦への貸付けを停止しています。(2018年6月調べ)

金融庁では、昨年9月頃から銀行カードローンに関する検査を実施しており、専業主婦の貸付けを廃止するなど。融資審査の厳格化が徹底されています。

金融庁の取り組みに関する情報は、次のとおりです。

金融庁では、銀行カードローンについて、多重債務の発生防止の趣旨や利用者保護等の観点を踏まえた適切な業務運営が行われているか、詳細な実態把握を進めるとともに、融資審査の厳格化を徹底し、業務運営の適正化をスピード感を持って推進しているところです。

法的に専業主婦への貸付けが禁止されたわけではありませんが、金融庁の取り組みによって貸付けを取りやめた銀行が多くあるのは事実です。

現在、銀行カードローンに総量規制を導入するかどうかの検討がされています。

消費者金融と同じように銀行に総量規制が導入された場合、専業主婦がカードローンを利用できなくなる日が来るかもしれません。

専業主婦のカードローン利用時の不安と疑問

お金を借りるのは怖くないですか?あとから、怖い人が取り立てに来たりしませんか?

取り立て行為は、一切おこなわれないので心配はいりません。

初めて借り入れする際に、テレビやドラマなどの影響で「お金を借りる=怖い」というイメージを持っている方が多いようです。

しかし、取り立て行為は現実には起こり得ません。

貸付をおこなう金融業者は、すべて業者登録がされており、政府の管理下に置かれています。

これらには細かく規定があり、「取り立て行為・脅迫行為・高額金利での貸付」はすべて禁止されています。

借金の取り立てをする金融業者は、この業者登録がおこなわれていない違法業者になります。いわゆる「闇金」と呼ばれる金融業者で、これらの規定をすべて無視して貸金業務をおこなっているので危険です。

しかし、銀行や、業者登録がされている消費者金融業者であれば安心です。

とくに専業主婦の場合は、銀行での借入となるので問題ないと言えるでしょう。

どうしても心配なようなら、メガバンク銀行(みずほ銀行・三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行)で融資を受けるのをおすすめします。

日本の三大メガバンクなら、誰もが安心して利用できると思います。

家族に内緒で借入がおこなえますか?とくに旦那にはバレたくありません

カードローン会社は、契約者以外の第三者には、借入情報を漏らしてはいけないとの規定があります。基本的には、内密に審査や契約がおこわれるので安心です。

たとえば旦那さんに契約情報を確認したり、旦那さんの会社に連絡が入ったりなど、このような行為は一切ありません。たとえ配偶者であってもバレずに借り入れがおこなえます。

しかし金融機関によっては銀行から封筒や、はがきなどで郵送物が送られてくるケースがあります。

多くは、「カードローン」とは記載せずに、「◯◯銀行」とのみ記載されて送られてくるので、中を開けてみない限りは分からないように配慮されています。

絶対に旦那にバレたくないという場合は、自宅に郵送物が一切届かない銀行カードローンを利用すると良いでしょう。

銀行カードローンの中には、郵送物なしで融資が受けられるところがあります。その場合は「新生銀行レイク」「口座を持っている場合はみずほ銀行」を利用するのがおすすめです。

レイクは自動契約機がありそちらで直接、郵送物が受け取れます。また郵送物は、最初の契約のときにしか送られてこないので、一度受け取りに行けば利用中に郵送物が届くことはありません。

みずほ銀行カードローンは、口座を持っていれば郵送物が一切自宅に届きません。口座がない場合でも、口座開設をおこなった書類が自宅に届くだけなので、カードローン関係の書類だとは分からないようになっています。

旦那さんに内緒でカードローン契約をおこなうなら、「みずほ銀行」「レイク」を利用すると良いでしょう。

旦那の収入を証明する書類は必要ですか?

専業主婦がカードローンを契約する場合、配偶者の収入証明書は必要ありません。

銀行カードローンは、主に、「100~300万円を超える」借入の場合に収入を証明する書類が必要になりますが、専業主婦の場合、借入額が「10~50万円」と限られるケースが多いので、配偶者の収入証明書「不要」で融資が受けられます。

収入証明書なしで総量規制以上の借入ができるカードローン

ただし、申込の際に、旦那さんの「税込みの年収」を記入します。あらかじめ旦那さんの年収を、把握しておく必要はありますが、所得証明書類は必要ありません。