収入証明書なしで総量規制以上の借入をするなら、「利用限度額300万円まで収入証明書不要」で融資が受けられる銀行カードローンを選ぶと良いでしょう。

金融機関の中でも、「300万円まで収入証明書不要」で借入ができるカードローンはトップ水準になります。

免許証のみで借入するなら、収入証明書が必要ない借入限度額の設定が高いカードローンを利用すると良いでしょう。

総量規制以上を収入証明書不要で借入するなら銀行カードローンがおすすめ

収入証明書不要で借入するなら、銀行カードローンを利用するのがおすすめです。

銀行カードローンは収入証明書が必要になる金額が、100~300万円を超える高額融資を受ける場合のみとなりますが、消費者金融業者は、「1社からの借入額が50万円」または「借入金額の合計が100万円を超える」場合に収入証明書が必要になります。

比較をすると、銀行カードローンのほうが収入証明書が必要になる金額設定が高くなります。

仮に、Aさんが、金融業社Bから「借入限度額80万円」のキャッシングをしており、さらに追加で「融資希望額30万円」の借入をする場合、銀行カードローンであれば、収入証明書が「不要」ですが、消費者金融では「必要」になります。

銀行カードローン 利用限度額が100~300万円の場合必要
消費者金融業社 借入金の合計が100万円、もしくは50万円になる場合必要

銀行カードローンは、他社からの借入金は上記の範囲に含まれませんが、消費者金融業社は、他社からの借入金も範囲に含まれます。銀行カードローンのほうが、範囲の金額水準が高いので、収入証明書不要で借入するなら銀行カードローンを利用すると良いでしょう。

収入証明書不要で借入できるカードローンは免許証のみの借入が可能

収入証明書不要で借入できるカードローンは、原則、必要書類が身分証明書のみとなります。つまり、免許証のみで融資が受けられるのです。

もちろん、免許証以外の身分証明書でも可能です。パスポートや、健康保険証、年金手帳などでも融資が受けられます。最近では、顔写真付きのマイナンバーカードも、身分証明書類として扱われるケースもありますが、ほとんどの金融機関ではまだ認められていません。

また、住民票も身分証明書類として認められません。住民票は、コピーがおこなえること、正確な本人確認がおこなえないこと、が理由としてあげられます。カードローン審査には、本人確認が必要不可欠です。

身分証明書類がない場合は、本人確認ができないため、残念ながら借入はおこなえませんが、収入証明書はなくても借入がおこなえます。その場合は、銀行カードローンを利用すると良いでしょう。

収入証明書不要なら年収を多く申告しても大丈夫?

ほぼ確実にバレます。バレないケースのほうが少ないので、年収を多く申告するのはやめましょう。虚偽(嘘)の申告が発覚すると、申込先のカードローン会社だけでなく、他社の金融機関でも最大6ヶ月借入がおこなえないペナルティーを受けます。

収入証明書不要で借入がおこなえる場合でも、申込情報が明らかにおかしいと判断された場合や、信用性にやや不安要素が見られる場合は、あとから源泉徴収票、給料明細書などの書類提出を求められる場合があります。申込情報と、提出した書類を照らし合わせたときに、年収が違うと信用が低下し、融資が受けられなくなります。

なぜバレてしまうかというと、審査をおこなっている保証会社は、過去の膨大な借入データ(スコアリング)をもとに、与信性(信用性)の判断をおこなっています。

このスコアリング審査を甘くみてはいけません。日本のスコアリングシステムは欧米でも高い評価を得ているほど、適確性が非常に高いからです。年収、個人情報、雇用形態、勤続年数、などあらゆるものを考慮した上で、ある程度の平均年収が算出されて、その情報と明らかに申込情報の年収が違う場合は、疑われてしまいます。

収入証明書を提出しないからといって、年収の正確な判断がされないわけではありません。虚偽の申告は、今後のローン審査の際にも不利になるので気をつけましょう。

自営業の場合も収入証明書不要で借入がおこなえる?

もちろん、収入証明書の提示が必要ない範囲の借入であれば、自営業者・経営者の場合でも「確定申告書」「青色申告決算書」などを提出する必要はありません。

同条件で融資が受けられます。ただし、借入目的が事情資金の場合は、カードローン融資が受けられないのでその点のみ注意しましょう。あくまで個人向け融資の場合のみ利用が可能です。

300万円まで収入証明書不要で借入できるおすすめの銀行カードローンは?

300万円まで収入証明書不要で借入がおこなえる銀行カードローンは、下記の通りです。

オリックス銀行カードローン 原則300万円まで不要
三井住友銀行カードローン 原則300万円まで不要
りそな銀行カードローン 原則300万円まで不要
楽天銀行カードローン 原則300万円まで不要
東京スター銀行カードローン 原則300万円まで不要
みずほ銀行カードローン 原則200万円まで不要
おすすめなのはみずほ銀行カードローン

この中でも、みずほ銀行カードローンは、高額融資が低金利うけられること、融資額が高い場合でも10万円単位で借入がおこなえること、から収入証明書不要で借入をするかたにおすすめです。

原則収入証明書不要で借入するならみずほ銀行カードローンを利用すると良いでしょう。