総量規制以上を即日融資するなら、審査スピードの速い銀行カードローンを選ぶと良いでしょう。

よく、「審査最短当日<」という内容の広告がありますが、これを鵜呑みにしてはいけません。あくまで「最短」となるので、中には審査に2~3日かかる場合もあります。 確実に、当日中に融資を受けるなら、安定して審査スピードが速い金融業者を選ぶと良いでしょう。

即日融資が可能な総量規制対象外のおすすめカードローン

下記の金融業者は、平均的に審査スピードが速い銀行カードローンです。

新生銀行レイク 申込完了画面にそのまま審査結果がでる
三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック 最短30分
三井住友銀行カードローン 最短30分
みずほ銀行カードローン 最短当日

即日融資なら新生銀行カードローン レイクがおすすめ

新生銀行レイクは、WEB申込後の画面に、そのまま審査結果が表示されます。つまり、申込後すぐに審査結果がわかる驚き速さです。このように、審査スピードが速いとの定評がありますし、銀行系カードローンなので、総量規制以上の借入も可能です。

即日融資するなら、「新生銀行レイク」を利用すると良いでしょう。(※)

※平日14時までに申込と必要書類の確認の完了が必要です。

消費者金融業者に比べると銀行カードローンは審査スピードが遅い!?

以前まで銀行カードローンは、消費者金融業者に比べると、融資スピードが遅いことがネックと言われていました。しかし、最近では、消費者金融に審査業務を委託している銀行カードローンが増えてきました。

銀行カードローンの中でも融資スピードが速いと言われている「三井住友銀行」は、保証会社としてプロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)に審査を委託しており、「三菱東京UFJ銀行」も、アコムに審査を委託しています。

これにより、銀行カードローンでも、消費者金融業者と変わらないスピードで融資が受けられるようになりました。

また、新生銀行レイクは、もともとは消費者金融だったので、審査のノウハウを非常に熟知しています。申込情報だけで、スコアリングシステム(審査をおこなう機械)が即時に返済能力の判断ができるので、驚異のスピードで審査結果が得られます。

即日融資をするなら、消費者金融に審査を委託している銀行カードローン、または審査スピードの速い「レイク」を利用するのがおすすめです。

総量規制以上の融資可能までにどのくらいの時間がかかる?

融資スピードが速い金融機関は、「最短1時間」で手元にお金が入ります。

あくまで最短となるので、実際には「1~3時間程」とお考えください。よく、「本当にこんなに早くお金がキャッシングができるのか?」という疑問を持つかたがいますが、実際に可能だと言えます。

ローンと聞くと、車のローンや、住宅ローン、教育ローン、などのイメージが強いので、審査に時間がかかる印象がありますが、カードローンの場合、そこまで大きな融資額ではないのでスピーディーに借入がおこなえます。

また、カードローンは無担保ローンとなるので、保証人不要で融資が受けられるのも、融資スピードが速い理由としてあげられます。住宅ローンのような高額融資を受ける場合は、保証人が必要になりますが、カードローン会社は、それぞれ保証会社(保険会社のようなもの)を立てているので、保証人も、保証料も、不要で利用できます。

たとえば、住宅ローンの契約者が、会社でリストラに遭い支払いをおこなえなくなった場合、支払い義務は、連帯保証人に移りますが、カードローンの場合は、保証会社に支払い義務が移ります。保証人を立てるとなると、難しい手続きが必要になるので、融資を受けるまでに時間がかかりますが、保証人不要ならこれらの手続きは必要ありません。これも、カードローンで融資が速く受けられる理由のひとつだと言えるでしょう。

実際にレイクでキャッシングを受けたところ

実際に融資を受けてみると分かりますが、本当に、今日中にキャッシングがおこなえます。現に私も、「レイク」で申込をしたところ、1時間半ほどで借入がおこなえました。「新生銀行レイクで即日融資できる?借り入れ方法と審査の流れのページでも紹介していますが、レイクは、土日祝日でも融資が受けられるので、審査に通過すれば多くのかたが即日融資に成功するでしょう。

何時までに申込をおこなえば即日融資が受けられる?夜でも可能?

銀行カードローンの中には、夜でも融資が受けられる金融機関もあります。

新生銀行レイク 21時までの契約完了
三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック 20時までの完了(※)
三井住友銀行カードローン 21時までの契約完了
みずほ銀行カードローン 午前中までの契約完了

※三菱東京UFJ銀行は店舗・曜日により契約時間が異なります。おおかた20時までの契約完了で即日融資が受けられます。

契約完了とは、この時間帯までに、すべての手続きが完了していることを言います。銀行によっては、土日祝日に審査を行っていない場合もあるのでその点にも注意しましょう。

土日祝日でも即日融資が受けられる?

銀行によっては、土日祝日に審査業務をおこなっていない場合があるので注意しましょう。

新生銀行レイク 土日祝日でも即日融資可能
三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック 土日祝日でも即日融資可能
三井住友銀行カードローン 土日祝日でも即日融資可能
みずほ銀行カードローン 土日祝日は即日融資不可

みずほ銀行以外は、土日祝日でも即日融資に対応しています。土日祝日に借入するなら、「レイク」「バンクイック」「三井住友銀行」を利用すると良いでしょう。

即日融資の注意点

即日融資を受ける場合は、下記2つのことに注意しましょう。

  • 在籍確認がおこなえる状態である
  • 申込は1社のみ
在籍確認がおこなえる状態である

在籍確認とは、契約者が、申込の際に記入した会社に勤めているかを確認するために、銀行から勤め先に電話連絡が入ることを言います。即日融資を受ける場合、この在籍確認が当日中におこなえなくてはいけません。在籍確認は、審査項目のひとつなので、これをパスできないと審査に通過しないからです。

ただし、会社が営業していなくても、会社にいるどなたかが電話にでて、在籍していることがわかれば問題はありません。このようにカードローン契約には、在籍確認があることを理解しておくと良いでしょう。

申込は1社のみ

申込をおこなうのは、必ず1社のみにしましょう。短期間に、複数の金融業社へ申込をおこなうと、「申込ブラック」になり、審査に通過しなくなります。とにかく今日中に借入したいからといってあらゆる金融業社に申込をおこなうと、危険人物(リスクが高い)と判断されて審査に通過しなくなります。

なぜ違うカードローン会社なのにばれてしまうのか?と疑問が湧いてくると思いますが、それは金融機関同士で情報が共有されているからです。カードローン審査は、内閣府が管理している個人信用情報をもとに借入可能かの判断をおこなっています。この個人情報には、いつ、どの銀行に申込をおこなったかまで情報が記載されているので、借入先に情報が知られてしまうというわけです。闇雲に申込をおこなっても審査には通過しないので、申込先は1社に絞ると良いでしょう。

これらの点に注意をすれば、即日融資が受けられる可能性がぐっと上がります。