おまとめローンの利用目的であれば、銀行カードローンと大手消費者金融で総量規制以上の借り入れが可能です。

消費者金融業者は、総量規制の対象となるので、年収の3分の1までの借入限度額とされています。しかし、おまとめの場合のみ総量規制の「例外」となり、年収の3分の1以上の融資が受けられます。

おまとめローンをする場合は、銀行だけでなく、消費者金融も視野に入れて検討してみることをおすすめします。

おまとめローンとは?

おまとめローンとは、複数の金融機関からの借入金を一本化することを言います。

借入金を一本にすると、金融機関を一社にまとめられるので毎月の返済日がひとつになり楽になります。それだけでなく利息も下がり、返済総額が下がるメリットもあります。

多重債務を抱えて悩んでいる、毎月の返済が苦しいなどの場合は、将来的なデメリットが大きくなる債務整理をおこなう前に、おまとめローンを検討してみると良いでしょう。

おまとめローンに向いている金融機関の選び方

銀行カードローンの中には、おまとめ専用の商品プランがある金融機関もあります。

しかし取り扱っていない金融機関でも乗り換え・おまとめは可能です。

おまとめローンをする場合はは、下記の条件に該当する金融機関を選ぶと良いでしょう。

  • 10万円単位で借入がおこなえる
  • 収入証明書不要の金額が高い
  • 保証料・保証人不要で借入がおこなえる
10万円単位で借入がおこなえる

銀行カードローンは、100万円を超える融資を受ける場合、「100万円単位」または「50万円単位」での借入になるケースがあります。

このような金融機関の場合、希望額ぴったりの借入が難しいですし、現在の借入額よりも大きくなってしまうと利息額も上がってしまいます。

利息を下げる目的で、おまとめローンを利用したいと考える人が多いと思いますので、支払う利息が増えてしまっては本末転倒です。

おまとめローンを利用するのなら、借入単位が細かく設定できる金融機関を選ぶと良いでしょう。

収入証明書不要の金額が高い

大手銀行の収入証明書不要で借入できる最大の金額は「300万円」です。

地方銀行の中には、「500万円」まで収入証明書不要で借入できるところもありますが、利用地域が限られるケースが多いので、大手銀行で探すのが堅実です。

収入証明書は用意するのが面倒な書類なので、できれば提出しないで融資が受けられるほうが良いでしょう。

おまとめ・借り換えをするなら、収入証明書が「300万円まで不要」なカードローン会社を利用すると良いでしょう。

保証料・保証人不要

大手の銀行カードローンであれば、保証会社を立てている場合が多いので、保証料・保証人不要でおまとめローンが利用できるケースがほとんどです。

しかし、金融機関の中には、保証料・保証人が必要になる場合もあるので、これらの担保が必要ない金融業者を選択するのが良いでしょう。

おまとめローンをするならみずほ銀行カードローンがおすすめ

おまとめローンを組むなら、みずほ銀行カードローンがおすすめです。上記3つの項目をすべてクリアしていますし、原則200万円までは収入証明書不要で借入がおこなえます。

それだけでなく、非常に低金利で利用できますし、最小返済額の水準が業界一なので、毎月の返済金額が減少るする可能性が非常に高いです。ゆっくりと着実に元金を減らすなら、みずほ銀行を利用すると良いでしょう。

おまとめローンと総量規制のQ&A

おまとめローンを組むことでデメリットや注意点はありますか?

金融会社によっては、おまとめローン・借り換えをおこなっても金利が下がらない場合があります。

現在の借入先よりも、金利が高くなるようであれば、借り換えをしないほうが良いでしょう。

あとは、返済回数が長くなりすぎないように注意することです。返済期間が長くなると、支払い回数が増えるので、利息総額が高くなります。

たとえば、100万円の借入金を24回で支払った場合と、36回で支払った場合では、後者のほうが12回も多く利息を支払うことになります、その結果、利息総額が高くなってしまいます。

毎月の返済額を減らしすぎると、支払い回数が増えてしまうので、その点も注意しましょう。

銀行カードローンでのおまとめの場合、その他のデメリットはとくにありません。おまとめローンを組んだからといって、通常のカードローン利用時とこれと言って変わる部分はありません。

消費者金融のおまとめローンは追加借り入れができません

消費者金融業者の場合、おまとめローンの利用目的以外の使用が禁止されているので、限度額の範囲内であっても、追加で融資が受けられません。

追加で融資を受けたい場合は、一度完済しなくてはいけませんが、他社の金融機関からの借入は可能となるので、そこまで不便に感じることはないと思います。

おまとめローンには、そこまで大きなデメリットはないので心配はいりません。これらの注意点に当てはまる場合は、申込先の金融機関から指摘が入るので問題はないと言えるでしょう。

おまとめローンを利用中に、さらに他社から借入をしてしまいました。再度おまとめローンを組むことは可能ですか?

審査次第となります。当然ながら、審査に通過すればおまとめ「可」となりますし、審査に通過しない場合は「不可」となります。

ただし、2回目のおまとめの場合、信用が若干低くなり、利用限度額も高くなるので、審査に通過しづらいかもしれません。

おまとめは、債務(借入金)の完済を目的としているので、追加で借入した場合、完済する意思が薄いと判断されても仕方がないでしょう。

しかし、少しでも利息が軽減される可能性があるなら、再度、おまとめ審査を受けてみることをおすすめします。

万が一、審査に通過しなかった場合、信用機関に情報は残りますが、最大6ヶ月で審査情報は消えます。

今後ローンを受ける際に、不利になることはないので、まずは申込をしてみると良いでしょう。

銀行のおまとめローンの審査が厳しくなった!?

銀行カードローンは、自主規制の影響で審査を厳しくしています。

とくに複数の借り入れがある多重債務者への融資を制限している状況にあって、審査落ちする人が続出しています。

おまとめローンを利用するには、まず審査に通過しなくてはなりません。

審査が不安な場合は、消費者金融系のおまとめローンの利用を検討されてはいかがでしょうか。

アイフルやプロミスなどの消費者金融でも、総量規制以上のおまとめローンが可能です。

消費者金融でのおまとめを希望する場合は、下記の記事を参考にしてください。

総量規制オーバーでも借りれる?他社借り入れあっても借りれる消費者金融は?

総量規制に接触していても借りれる消費者金融を中心に紹介しています。