借り換えローンのイメージ画像

借金を早く返済するために、借り換えローンを選択する人は少なくありません。

借り換えローンは、通常とくらべて金額が大きくなるため、審査に通りづらい傾向にあります。

でも、大丈夫です。

正しく借入先を選定すれば、信用力に不安がある場合でも審査通過が期待されます。

まずは、借り換えの審査基準を満たしているかどうかを確認していきましょう。

この記事では、借り換えローンの審査に突破するための方法をわかりやすく紹介しています。

最後まで読んでもらえると幸いです。

借り換えローンで審査落ち、または少額融資になってしまう人の特徴

信用力の低い人は、借金全額を借り換えできないか、最悪のケースは審査落ちになってしまいます。

では、一体どういう人が「信用力が低い」と判断されてしまうのでしょうか。

信用力に自信がある方も、一度チェックしてみてください。

年収3分の1以上の借り入れがある

年収の3分の1以上の借り入れがあるイメージ画像

基本的に、カードローン会社は「年収に対して、いくらまで融資するか」という判断をしていきます。

年収1,000万円であろうと、大きな借金がある場合は、限度額を減らしての貸付けになるケースが多いです。

借金が大きいかどうかを見極める基準目安になるのが、総量規制になります。

年収の3分の1を超えた借り換えから審査は難しくなり、とくに銀行カードローンはほぼ不可能といっても過言ではありません。

総量規制に接触した借り入れがある場合は、借金を減らしてから借り換えをするといいでしょう。

現在、銀行カードローンは自主規制の影響により、総量規制を超えた借り入れから審査通過が難しくなっています。

麻生太郎金融相が、貸し付けが過剰と指摘されている銀行カードローンについて、融資の実態を把握するとともに、審査の厳格化を徹底するため検査を実施する考えを表明した。

総量規制を超えるような過剰融資の状況にあると、銀行カードローンの借り換え審査に落ちやすいです。

返済遅延を繰り返している

カードローンの利用中に、返済遅延を繰り返していませんか。

返済の延滞を繰り返していると、信用力に傷がついて「金融ブラック」になります。

金融ブラックは、いわゆるブラックリストに載ってしまうことをいい、しばらくローン審査に通りづらくなる状況をいいます。

銀行カードローンとくらべて、審査難易度の低い大手消費者金融系であっても、金融ブラックで借り換えるのは至難の技です。

「恐らく、金融ブラックだ!」という人は、銀行での借り換えを諦めて、消費者金融系カードローンの利用をおすすめします。

パート・アルバイトで収入が少ない

銀行カードローンは、パート・アルバイトなどの収入が少ない人への借り換えローンに前向きではありません。

次のように、「正社員で、年収200万円を超える人」が借り換えの審査に有利になります。

・給与所得者の方(正社員・契約社員・派遣社員の方)
・年収200万円以上の方

正社員で年収200万円以上あれば、積極的な借り換えをしてもらえる可能性があります。

しかし、この条件はあくまで銀行カードローンの話になります。

消費者金融系のカードローンなら、収入が少なくても前向きに借り換えローンを検討してもらえます。

65歳以上の高齢者

一概にはいえませんが、カードローン契約の満期終了が「70歳」となるケースが多いです。

高齢者の場合は、契約が終了する70歳を迎える前に、残った借金を全額返済しなくてはなりません。

65歳以上から年齢が上がるにつれて、貸し倒れリスクがぐっと高まりますので、金融業者は1社にまとめる借り換えを避けたがります。

高齢者は信用力が低くなりやすいとはいえ、シニアバイトなどで収入が増えていれば審査に通る可能性があります。

借り換えローンを成功させるために、アルバイトの日数を増やすか、新たに仕事を始めるなどの工夫をしてから審査にチャレンジするといいでしょう。

勤続年数が短い

勤続年数が大きくなるほど、信用力が高まって審査に通りやすくなります。

しかし、まだ勤め始めて日が浅い人は、いつまで仕事を続けるかという見通しが立てづらくなります。

勤続年数が短いと、借り換えローンの審査に落ちやすい傾向にあります。

はっきりとはいえませんが、消費者金融なら半年から1年以上、銀行カードローンなら1年〜3年程度の勤続年数が欲しいところです。

少なくとも勤続1年以上の壁を越えてから、借り換えローンの審査へ申込みをすることをおすすめします。

借り換えローンの審査に突破するための方法

借り換え審査に通りやすいカードローンは?

  1. 借り換えに積極的な消費者金融系のカードローン
  2. ネット銀行系のカードローン
  3. 個人向けの銀行カードローン
  4. ろうきんのおまとめローン・借り換えローン

最も審査に通りやすいのは借り換えに積極的な消費者金融系のカードローンです。

次いでネット銀行系のカードローンが、おまとめローン・借り換えローンに積極的な印象があります。

おまとめローンを専門的に扱っていない銀行カードローンは、審査に厳しく落ちてしまうケースが多いです。

ろうきんのおまとめローンが最も安い金利で借り換えができますが、店舗におまとめ系の「パンフレットがない!」という点をみると、前向きではない印象が伺えます。

借り換えに積極的な消費者金融系のカードローンを選ぶ

多くの人は、消費者金融ではなく、低金利の銀行カードローンを選びがちです。

しかし、これがよくある失敗パターンのひとつになります。

平均審査通過率

消費者金融 40.0%〜50.0%程度
銀行カードローン 10.0%〜20.0%未満

一概にはいえませんが、銀行カードローンの審査通過率は良くても20.0%程度です。

借り換えローンとなると、さらに審査が難しくなりますので、ぐっと通過率は低くなります。

試しに銀行カードローンの審査を受けても良いと思いますが、恐らく不毛な時間を過ごしてしまうことになるでしょう。

借り換え専用のカードローンを選ぶ

借り換えローンの審査に通っても、金利が下がらなければ毎月の返済額が上がってしまうだけです。

これでは、せっかく借り換えをしても意味がありません。

今よりも金利が上がってしまうリスクを避ける方法として、「借り換え専用のローンを利用すること」が挙げられます。

借り換え専用ローンを利用すると、金利を下げたローンプランを提案してもらえるというメリットがあるからです。

とくに消費者金融系の借り換え専用ローンは、法律で「顧客に一方的に有利となる貸付け」という縛りが設けられています。

これは金利が上がった場合、借り換えをおこなってはいけないという国が定めたルールになります。

また、審査においても借り換え専用ローンを利用したほうが有利です。

借り換え専用のカードローンは審査に通りやすい?

借り換え専用のカードローンは、通常のカードローンと比べて審査に通りやすいといえます。

通常のカードローン

通常のカードローンの借り換え審査のイメージ画像

通常のカードローンをそのまま借り換えローンとして利用した場合、一時的に借金が2倍に膨れ上がることになります。

借り換え専用ローン

借り換え専用ローンの審査のイメージ画像

借り換え専用ローンなら、金融会社との間で直接やり取りしてくれるため、限度枠がそのままスライドされます。

一般的なカードローンを利用するのと比べて、借り換え専用のローンは審査に通りやすく、手続きも簡単です。

正しい借り換えの選び方まとめ

  • 借り換えに積極的な消費者金融系のカードローンを選ぶ
  • 借り換え専用のカードローンを選ぶ

これら2つの条件を満たすカードローンを選べば、信用力の低い人でも審査通過が期待されます。

借り換えにおすすめの専用カードローン

アイフルの「かりかえMAX・おまとめMAX」

年収の3分の1以上OK

「かりかえMAX」「おまとめMAX」の利用で、年収3分の1以上の借り換えも可能です。

毎月の返済額・利息の負担が軽減されるローンプランの提案が期待されます。

パート・アルバイトなど収入が少なくてもOKで、最短当日の借り入れにも対応してもらえます。

プロミスの「おまとめローン」

最大300万円までOK

プロミスの「おまとめローン」は、最大300万円までの融資が可能です。

他社からの借り入れがあっても、年収の3分の1を超えた融資に対応してもらえます。

金利6.3%~17.8%から、金利の負担を軽減したローンプランが提案されます。

アコムの「貸金業法に基づく借換え専用ローン」

毎月の返済負担が軽減

「貸金業法に基づく借換え専用ローン」というプランを利用すれば、総量規制を超えた借り入れがあっても借り換えが可能です。

最短30分で審査結果がわかるうえに、スマホだけで手続きが完了します。

金利7.7%〜18.0%のうち、金利の負担が軽減されるローンプランを提案してもらえます。